幸せに ならなくても いいんだよ

まさに生き地獄。最低最悪の人生を送る男が、ついに悟ったこととは……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こうして、誰も読まないブログを書いているのも、むなしいものです。


最も気を付けなければならないのは、悪いことが起きないことです。
その期間が長く続けば続くほど危険です。

自分も皆と同等の人間だと、錯覚してしまうからです。
そうすると、次に災厄が起きたときに、普通の人間の目線で苦悩してしまうのです。

忘れてしまうのです。自分が人間ではないことを。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/03(土) 23:57:43|
  2. | コメント:0

「うまくいっている」期間は、長続きしない。
しばらくすると、亀裂が生じ、あっという間に形勢逆転する。
気付けば、「何もかもうまくいかなく」なっている。

「人に好かれている」と感じると、次の瞬間には「嫌われている」のだ。

うまくいくことを経験すると、うまくいかなくなったときの落胆はより大きくなる。
人に好かれることを経験すると、嫌われたときの苦しみは増す。

神は、私をいかにしてより深く苦しめようかと、つねに考えているである。

辛苦は、我のためにあり。我は辛苦するためにあり。
  1. 2015/09/28(月) 21:59:49|
  2. | コメント:0

こうやってブログを書いているのは、
たくさんの人に読まれ、たくさんのコメントをもらい、
たちまち話題になり、書籍化の話が舞い込んで、
出版するやいなや、ベストセラーになって、
社会現象になって、有名人になって、
大金持ちになることを望んでいるからにほかなりません。

しかし、そんなことは絶対にありえないのです。
私にはそのような才能もなければ、運もなく、そもそも人々を惹きつけるような魅力もないのです。
そうです。私の望みや夢が叶うことなど、決してないのです。

そのようにできているのですから。
  1. 2015/09/23(水) 20:54:21|
  2. | コメント:0

人に冷たい態度をとられて、悩んではいませんか?
そう、あなたが危惧しているとおり、その人はあなたのことを嫌いなのです。
身に覚えがない?
絶対に、そう言い切れますか?
言い切れるはずがないのです。
あなたは人間の中の不良品なのだから、頭の中の自分像と相手が感じるあなたとを合致させることなど、できるはずがないのです。

それでもあたなは、「自分は彼らに何もしていない」 と言い張るのですか。
それでは言いましょう。
彼らは、あなたのことを生理的に受け付けないのです。
顔も見たくないのです。
近づいてほしくないのです。

あなたのことを思い出すこともないし、考えることもないでしょう。
そもそも、同じ人間だとは思われていないのですから。

それが現実ですが、悲観することはありません。
あなたは何も悪くない。
神があなたをそのような人間として、この世に出現させたのですから。

あなたは、苦しむために生まれてきたのです。

ならば、いさぎよく不幸を受け入れようではありませんか。
神にそむくことなど、到底不可能なのですから。

さあ、”幸せになるために生まれてきた” という呪縛から脱出しようではありませんか。
  1. 2015/09/18(金) 22:13:05|
  2. | コメント:0

本心

人に褒められました。
しかし、決して真に受けてはいけません。相手には言葉とは裏腹な、何かの意図があるはずです。

もし仮に、相手が本心から私を褒めているのだとすると、私は幸せな気持ちになってしまいます。

私の人生は、幸せになるようにはできていないのですから、

誰かが、私のことを本心から褒めるなどということは、ありえないのです。
  1. 2015/09/17(木) 22:50:11|
  2. | コメント:0

母に、「幸せか?」 と、問われました。
私は、「幸せではないよ」 と、答えました。

母は、とても悲しい顔をして、「幸せになってほしい」 と、言いました。

私は、「なんで幸せにならないといけないの?」 「幸せじゃないと、生きていてはいけないの?」
と、聞きました。
母は、うーん…と考え込みました。

私は、不幸でも生きていてよいと思います。
不幸な人間にも、生きる資格があると思います。

もっと言うと、幸せになろうとしなくてもいいと思うのです。
  1. 2015/09/12(土) 20:06:39|
  2. | コメント:0

神様の いじめ

神様のいじめだとしか思えないのです。
私を苦しめるために、不健康な身体を与えたのでしょう?

いったい私が何をしたというのですか。
犯罪を犯すような人間にさえも、健康な身体を与えているではありませんか。

神様、教えてください。 私の犯した罪を!!



  1. 2015/09/12(土) 00:14:06|
  2. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。